徳島県・三好市

三好市での開催目的

三好市の吉野川流域は、多くの景勝地と自然を有し、上流ではラフティングなどの急流を欲するスポーツ、下流の池田湖周辺はウェイクボードなどの静水面を欲するスポーツに適した環境を持つ世界でも稀な環境を持ち備えており、自然と水辺を活用したオンリーワンの観光資源として、国内外の人々を招き入れるパフォーマンスがあります。

ウェイクボード世界選手権大会の開催により、徳島県の魅力を世界に発信するとともに、ウェイクボードというスポーツの価値、可能性を地域で共有し、その成果を継承していくことで新たな観光資源として育成し、県西部地域の交流人口拡大や事業者の集積など、地域の発展に繋げていきます。

WWAウェイクボード世界選手権
大会組織委員会

  • 会長 徳島県知事 飯泉嘉門

    会長
    徳島県知事 飯泉嘉門

  • 副会長 三好市長 黒川征一

    副会長
    三好市長 黒川征一

  • 名誉会長 シャノン・スターリング

    名誉会長
    シャノン・スターリング

WWAウェイクボード世界選手権
大会組織委員会名簿

徳島県・三好市に
ついて

四国は、日本列島を構成する島の一つであり、北海道・本州・九州とともに主要4島の一つでもある。
面積は18,297.78km2で、世界の島の中では、第50位の大きさである。四国の東側に位置する徳島県は、明石海峡大橋と大鳴門橋で本州と繋がっており、大阪からも約2時間30分で来れる距離にある。

徳島県では、世界的に有名な阿波おどり(AWA DANCE)が、8月には県全域でおこなわれ、踊る阿呆たちが乱舞する“阿波おどり”の様子は、まさしく日本版リオのカーニバルである。

阿波踊り

また、美しい自然にあふれた徳島県は、吉野川や剣山、大浜海岸など多くの自然に恵まれている。中でも徳島県西部の三好市は、地球のダイナミックな活動によりつくりだされた四国山地を横切る吉野川の大歩危、小歩危峡の激流は、世界最高峰の競技コースと認められ、ラフティング世界選手権大会が開催されました。
一方、その下流にある池田湖は、その地形から風の影響を受けにくく、ウェイクボードなど穏やかな水面を好むウォータースポーツにとって最高の環境であることから、2018年8月30日~9月2日にウェイクボードワールドチャンピオンシップの開催地に選ばれました。

そして、吉野川沿いに広がる傾斜地は、世界的ムーブメントをおこしているジップライン、トゥリートレッキングなどのアイテムが次々と誕生し、まさしくターザンのようにジャングルを飛び回る“グラビティパーク”が広がっており、数百万年の地球の躍動(ジオワールド)を感じながら楽しめる世界に誇れるアドベンチャースポーツワールドは世界の人々を感動の世界に導いてくれるだろう。

池田湖

また、文化財としては
平家落人伝説が残る「祖谷のかずら橋」をはじめ、桃源郷と称される祖谷の原風景や、断崖の渓谷美と険しい秘境で知られる『大歩危・小歩危峡(おおぼけ・こぼけきょう)』、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている『落合集落』など、魅力的な場所がたくさんあります。

祖谷のかずら橋

徳島県・三好市の
観光情報

大会会場までの
アクセス

お車でお越しの方へ

大会期間中、会場付近は一般車両の駐車ができません。
会場へお越しの際は池田総合体育館横の臨時駐車場から、無料シャトルバスのご利用をお願いいたします。
臨時駐車場:「池田総合体育館」を目印においでてください。

バス・JRでお越しの方へ

■阿波踊り空港からお越しの場合
徳島阿波おどり空港からは、リムジンバス、JR徳島線、シャトルバスをご利用ください。
徳島阿波おどり空港→(空港リムジンバス 約28分)→徳島駅→(JR徳島線 特急約75分)→阿波池田駅→(シャトルバス 約**分)→イケダ湖

■高松空港からお越しの場合
阿波池田バスターミナル直行便、シャトルバスをご利用ください。
高松空港→(高松⇔祖谷直行バス 9:45発 約90分)→阿波池田バスターミナル→(シャトルバス 約**分)→イケダ湖

=高松⇔三好のバス情報=
祖谷バス:https://www.iyabus.com/
詳細なPDFはこちら→KOTOBUS IYA VALLEY

     

シャトルバスルート

     
シャトルバスルート

【運行時間】※混雑などの道路状況により遅れが発生する場合があります。
8:30~10:30 15分おきに運行
10:30~16:00 30分おきに運行
16:00~18:00 15分おきに運行

ルートマップ